カオハガン島オフィシャルサイト

カオハガン島オフィシャルサイト

若手キルター紹介vol.7 「亡き母が教えてくれたこと」

Mean(ミアン) 31歳

島の中でもトップ級の大家族に生まれ、12人兄妹の中で育ったミアン。23歳のときにまだ若かった母を亡くし、兄妹で支え合いながら生きてきたといいます。

父は名大工、母はキルトを創り続けたというアーティストのような一家。ミアンが母のお手伝いでキルトを始めたのは18歳のころ。近所の子たちと一緒に始めました。

母アリータからは「キルト創りの全ての工程を丁寧に行いなさい」という教えを受けたといいます。確かに、どんなに美しい楽しいデザインをしてもキルティングを雑にしてしまうと作品が台無しになってしまいます。キルティングのきめ細かさや美しさがキルトの良さを決めるといっても過言ではないほど、重要なのです。それを教えてくれた母アリータはとても素晴らしいキルターだったに違いありません。

ミアンはカオハガンハウスでお掃除の仕事をしていたこともありました。「宿泊施設にゲストが帰ってきて仕事が忙しくなっても、結婚しても、母アリータが教えてくれたキルトをゆっくり創り続けたい」そう語るミアンの目からは母への強い想いを感じました。

カオハガンキルトを応援購入していただくことで、キルトを創るための材料を購入し、若者たちにオーダーを出すことができます。お好みのサイズをお選びいただき、デザインや色合いは、お任せくださいませ。

応援購入はこちらから

また、キルト創作の材料となる刺しゅう糸や縫い糸を寄付するという応援のかたちもあります。

今回のクラウドファンディングに寄せる想いや、資金の使い道などの詳細もあわせてご覧くださいませ。

詳細はこちらから

カオハガンからの便り

More

Information

More