若手キルター紹介vol.4 「心新たにスタート」

Joan(ジョアン) 23歳 

ココナッツオイルづくりを担当するメルナの娘のジョアンも若手キルターのひとり。先日紹介したリアの同級生で従姉妹同士でもあります。

母メルナはココナッツオイルづくりの片手間にキルトづくりもしていたので、多くの作品を創るより、ゆっくりじっくり作品を創ってきました。夫のオロイは、生粋の漁師であることから、キルトのモチーフも海の中や魚を描くものが多かったようです。

そんなメルナは目が霞むようになってしまったため、キルト創りを一時休止しています。代わりにジョアンが創るというほど、彼女は燃えあがらず、

「母がキルト創りをやめても、ココナッツオイルづくりがあるから大丈夫」そんな風に思っていたそうです。

ところが、コロナ禍でカオハガンハウスを一時閉鎖せざるを得なくなり、コナッツオイルをつくる仕事も一時休止となりました。ジョアンは、家族のために自分ができることをしたいと考えていたようですが、キルトの仕事すらも少なく、どうしようもできない状況だったといいます。

実は、彼女には結婚を考えているパートナーがいて、一緒にカオハガン島に暮らしたいと考えているそうです。「結婚したら、キルトで収入を得られたらいいね」と伝えると、とっても照れながら、でも嬉しそうに「キルティングは得意じゃないけど、仕事をもらうことができるなら、小さいキルトからチャレンジしたい」と語ったジョアン。

小さなカオハガン島にひとつの家族が増える、そんな変化の中で心を新たにスタートをきりたいと願っているジョアンを心から応援したいです。

カオハガンキルトを応援購入していただくことで、キルトを創るための材料を購入し、若者たちにオーダーを出すことができます。お好みのサイズをお選びいただき、デザインや色合いは、お任せくださいませ。

応援購入はこちらから

また、キルト創作の材料となる刺しゅう糸や縫い糸を寄付するという応援のかたちもあります。

今回のクラウドファンディングに寄せる想いや、資金の使い道などの詳細もあわせてご覧くださいませ。

詳細はこちらから

カオハガンからの便り

More

Information

More