崎山克彦とカオハガンの歩み

崎山克彦のプロフィール

sakiyama-prof

1935年
(昭和10年)
福岡県生まれ。
成城学園初等科、中等科、東京都立新宿高校、慶應義塾大学法学部卒業。
1959年
出版社「講談社」入社。
1963年
カリフォルニア大学バークレイ校大学院でジャーナリズムを学ぶ。
1965年
国際出版社「講談社インターナショナル」入社。その後10年をアメリカで過ごし、日本に居るときも毎年2回くらい世界一周をし、異文化間の交流に努める。
1987年
退社。偶然に、フィリピン、セブ島沖のカオハガン島に出会い、購入してしまう。
1988年
米国出版社「マグロウ・ヒル出版」日本支社長。
1991年~
カオハガン島に生活の拠点を移し、暮らし始める。

その後は、21世紀の理想的な小さなコミュニティつくりを目指して、島民たちと一緒に暮らしている。著書に、『何もなくて豊かな島』(新潮社)など9冊がある。そのうちの数冊が、台湾語、中国語、韓国語に翻訳出版されている。

島を買ってしまったいきさつ

a-4_1カオハガン島に興味をもってくださる方が、まず いちばん先に口にする質問は「すごいですねえ、島を買ったんですって。決断でしたね。いくらだったのですか?」なのです。ひょっとすると、私も、もしそんな人物に出会ったら、同じような質問をするかもしれません。
でも、私は、まったく決断などしていないのです。海や島が大好きだった男が、52歳のときに仕事を辞めたとき、夢のような南の島にたまたま出会いました。そして、 “Fall in love.” 恋に落ちてしまったのです。
理由、決断など、何もありません。

ここで、唐突ですが、私が大切と思っている、詩のようなことばを紹介させてください。
どうしたら 空が買えるというのだろう?
そして、大地を。
わたしには 分からない。
風の匂いや 水のきらめきを
あなたはいったい どうやって買おうというのだろう。

大地は わたしたちに属しているのではない。
わたしたちが大地に属しているのだ。

あらゆるものが つながっている。
わたしたちが この命の織りものを縫ったのではない。
わたしたちは その中の 一本の糸にすぎないのだ。

縁も所縁もないカオハガンという土地を、島を、私はほんとうに偶然の出会いから買ってしまいました。そしてその後また、日本で仕事を始めて、その間に、年に何回か島を訪れました。
そうこうしているうちに、私の心の中に、良心の呵責のような感情が芽生えてきたのです。
長い年月をかけて自然が創りあげ、そこに島民たちが長年暮らし、島民の血であり生命である土地を、突然に現れた私が買い取ってしまうことが許されるのだろうか。

そして、そんな時に読んだ、フランスの作家 ル・クレジオ の文章が、私を救ってくれました。

・・・ 昔は、大地は所有できるものではなかった。
・・・ 私たちは、土地を、神から、貸し与えていただいているのだ。使わせていただいているあいだに、それをより良いものにしてお返ししなければ。 ・・・

そうだ、その通りだ!
私がカオハガンに暮らし、その土地を使わせてもらっている間、そのカオハガンの自然の環境、そして島民たちの暮らしの環境を保ち、それを、いっそう良いものにしてお返しすることなんだ。
こうして、心の安らぎを得て、カオハガンで生きる目的、指針が、はっきり
と見えてきたのです。

今までの島での歩み

a4_2

1987年6月
崎山克彦52歳の時、22年間勤めた、英文で異文化を紹介する国際出版社「講談社インターナショナル」社を退社。
1987年9月
崎山が、ダイビングのために訪れたフィリピン、セブ島沖で「カオハガン島」に出会い、その美しい海洋の自然に魅せられる。そして、島が売りに出されていることを知らされ、その場で購入を決めてしまう。
1988年~1991年
崎山、東京にて「マグロウ・ヒル出版ジャパン」社の社長を務める。この間に、年に4~5回のペースでカオハガン島を訪れ、将来島で何をするべきかを考え、宿泊施設「カオハガン・ハウス」の建設を始める。
1991年の暮れ
崎山、東京にて「マグロウ・ヒル出版ジャパン」社の社長を務める。この間に、年に4~5回のペースでカオハガン島を訪れ、将来島で何をするべきかを考え、宿泊施設「カオハガン・ハウス」の建設を始める。
1992年
吉川順子が、島で崎山と共同生活を始める。
1994年1月
崎山と友人たちが助言、援助をして「カオハガン小学校」で6年生までの授業が始まり、就学年齢に達した全員が小学校で学ぶようになる。それまでは、島の小学校は2年生までで、3年以上は隣りのパンガナン島の小学校に通わねばならず、ほとんどの人が2年終了の学歴だった。
1995年
カオハガンの活動をサポートするNGO「南の島から」が東京で発足。
1995年6月
崎山の初めての著書「何もなくて豊かな島」が新潮社から出版され、上製本、文庫本の両方で販売数が20万部を越え、ベスト・セラーとなる。このころから、カオハガンへの一般の宿泊客が多くなり始める。
1996年
吉川順子の指導により、島民たちの手による「キルトつくり」が始まる。
1996年6月
カオハガンの子どもたちのための「奨学金制度」をスタートさせ、優秀 な子どもが、ハイスクールそして大学で学び始める。
1996年10月
崎山が、小型ヨットでアメリカまでの航海に参加。8ヶ月間の南太平洋の航海の後、サモアとハワイの間で遭難、沈没。しかし、無事に島に戻る。
1997年1月
「日本デンタル・ミッション(JDM)」が、年に2回、島民の無料歯科診療を開始。現在も継続して診療に来てくださっている。
2006年7月
「日比友好50周年」の年、カオハガン島での活動が評価を受け、崎山が、外務大臣賞を受賞する。
2008年9月
カオハガン島の沖合い36万平米の海を囲って、「カオハガン島熱帯珊瑚礁保護区」を創設。珊瑚礁、海洋生物の保護をはじめる。
2008年~2009年
島民の暮らしから学ぶことをテーマにした「スタディー・ツアー」が始まった。学生生協を通して募集をし、毎年、8回、一週間のツアーが組まれ、たくさんの学生さんが参加をしてくれて評判となっている。
2010年、2011年
小学校の先生となる国家試験に、アンアン、イズミラルダ、マニュエリートの三人が合格し、2013年から、カオハガン小学校で教鞭をとっている。
2011年1月
「パッチワーク通信社」のご寄付を得て、島に、図書館が完成する。
2011年7月
島に「ヘルス・センター」が創設され、ミドワイフの資格をとったバージニアが働き始める。市からいただいた薬を使って、島で簡単な治療ができるようになった
2013年4月
未来のカオハガンのあるべき姿を、島民、そして若い世代と考える「カオハガン2050」という長期計画をスタートさせる。それを執行する非営利組織「Association for Caohagan 2050」を発足させる。
崎山克彦の著書の紹介

本を読んできてください・・・

「カオハガン・ハウス」を訪れてくださるお客様のほとんどが、崎山克彦の書いたカオハガンに関する本を読んできて下さっています。
カオハガンをより楽しんでいただくためにも、共通の理解を持っていただくためにも、ぜひ本をお読みいただいてからお越し下さるようお勧めします。

『何もなくて豊かな島』 1995年刊 新潮文庫

book-a1987年にカオハガン島と出会い、1991年に島に住み始めました。その最初の数年の新鮮な驚きと、喜びに満ちた日々、輝くような島の印象を書いた本です。
思いがけず10万人以上の方々が読んでくださり、ベストセラーになりました。1997年に文庫版(新潮文庫)になってからも、10万部近くが売れています。ぜひ、読んでいただきたい一冊です。
椎名誠さんが大絶賛してくれました。 ・・・東京ドームぐらいの南の島を買い、そこに奥さんと一緒に住んで、波を眺め、風に吹かれ、ビールに酔う。まさしくこれは過激でやさしい「男の夢の実現ではないか」・・・

『南十字星に針路をとって』 2000年刊 新潮文庫

book-b

『何もなくて豊かな島』を書いてから7年。ゆっくりと暮らして、さらに深く分かってきた、南の島カオハガンの暮らしを書きました。
「これ以上、豊かにも、便利にもならなくていい。」そんな思いでこの本を書きました。

中野孝次さんが「マインド(便利・快適・生産の効率などを考える能力)ではなく、ハート(自然と共感する能力)で生きる。著者は、そのハートで生きる生き方を、南の島での暮らしで身を以て示しているのである」と、この本を推薦してくださいました。

『ゆっくり生きる』 2002年刊 新潮社

book-c

『何もなくて豊かな島』を書いてから7年。ゆっくりと暮らして、さらに深く分かってきた、南の島カオハガンの暮らしを書きました。
「これ以上、豊かにも、便利にもならなくていい。」そんな思いでこの本を書きました。

中野孝次さんが「マインド(便利・快適・生産の効率などを考える能力)ではなく、ハート(自然と共感する能力)で生きる。著者は、そのハートで生きる生き方を、南の島での暮らしで身を以て示しているのである」と、この本を推薦してくださいました。

『カオハガンからの贈りもの』 2005年刊 海竜社

book-d

ゆっくりゆったりと等身大に流れる時間のなかの、何もなくてシンプルな暮らし。豊かな自然の恵みを受けた、他に頼ることのない暮らし。カオハガンに住んで14年。少しずつ、ようやくわかってきた「南の哲学」を書きました。
そして、お金とモノがすべての「現在の文明」についても考えてみました。

Information

More